イメージの中に未来がある【ご感想】
開催日:2008年10月25日(東京)

●言葉とポジティブなイメージが、未来を創っていくことは、理解していたのですが、自分自身を大切にするために、自分自身を知ることもまた、とても重要であることを教えていただけたのがとても良かったです。
また、その方法もイメージングというワクワクする方法であったので、今後も積極的に実践していこうと思います。
実用的な内容がたっぷりあって、受講して良かったです。ありがとうございました!(ともこさん)

○イメージを強く意識して持ち続ける大切さを知りました。(ロクさん)

●言葉の持つ強さ、力を改めて感じたワークショップでした。イメージする時に自然と出てくる言葉。その言葉は意識的に、そして、無意識的に癖づけされた言葉が沢山でてくると思いました。
その言葉を選ぶ事が出来るのは自分自身の自由で、どの様な言葉も選ぶことができます。その言葉を自分にも、周りの人にも大切に使って行こうと思います。ありがとうございました。今日の先生のワークショップも本当に素晴らしいものでした。(ひゅーまさん)

○飛び込みの参加でしたが、イメージ通り人生はなって行く事に納得できました。自分自身にもいい所はあるんだなと知った、いい機会をありがとうございました。(Y.Aさん)

●イメージをハッキリ持つこと、意識をすること、自分の楽しみをハッキリさせ、自分を知ることが、自分の生かし方を知ることが、幸せな未来を引き寄せるのですね。再確認しました。ありがとうございました。(F.Kさん)

○今の自分の行動、言動がよく見えてきてよかったです。他の人の話を聞けて広がりが出てよかったです。(S.Nさん)

●絵のワークショップ、イメージングを通して、自分の前意識、潜在意識が見えました。(Kenさん)

○以前よりはすんなり入れるワークショップだったと思います。育った環境も自分のイメージに大きく関わっていると感じました。また簡単そうでいいイメージを持つ事はむずかしいと思いました。ついつい悲しいイメージを考えてしまう悪いクセをなんとかしようと思いました。(A.Kさん)

●/瓦僚斉霎の重要さ!!年を経るに従いややもすると、固定観念思考に陥りがちな自分がいる事を強く感じました。多様な年齢、多様な人々との触れ合いの中で、多様な価値観に触れる事が大切と思います。

⊆分の考え方が、かなり即物的であると感じました。(柴犬 小太郎さん)

○具体的でいろいろな気づきがあった。深く自分を知ることが、未来をつくることが、良く理解できた。(R.Sさん)

●強く願望し続ける事は、実現出来るという事がわかり、よかったです。これから自分がどうなりたいのかを、もう一度見つめ直してみようと思いました。子育てにも役立てそうな事がいろいろとありました。毎回勉強になります。ありがとうございました。(M.Yさん)

○自分自身を見つめることが出来ました。今の自分がよく見えて楽しかったです。判りやすく楽しいセミナーでした。次回を楽しみにしております。(佐藤愛彦さん)
| 参加者のご感想 | 07:53 | - | - | pookmark |
心のバランスと人間関係ワークショップご感想
||開催日:2008年9月27日(東京)||

●自分を知るということと、自分が成長(成熟)するということと、人の役に立つということが、強くリンクしていることを感じました。あわせて、自分のような人間でも、誰かの役に立つことができるということを学べたような気がします。(松宮 園生さん)

●人間関係のトラブルは、子供の頃の影響が大きいこと、トラブルを無くす(人間関係を良くする方法)が分かり、とても勉強になりました。また、シェアする機会も多かったので、色々な方の意見を聞くことができ、考え方の幅が広がったと思います。(H.M.さん 女性)

●交流分析の各プロセスについて、概要は理解できました。しかし、詳細については、もっと理解を深める必要があります。復習がんばります。(Kenさん)

●空っぽのイスでおばあちゃんと対話をするというのを見たとき、涙がにじんで来ました。自分の祖父母のこと、先日老人ホームで体験させて頂いた時に出逢った方々のこと、思い浮かべるだけで「ありがとう」という気持ちになりました。
今日はとても揺れる想いのまま、こちらに参加させて頂いたのですが、今は穏やかな気持ちです。大切な友人のこと、特別な人、両親のこと、今後向き合うべき自分のこと、透明な気持ちで見つめたいと思います。ありがとうございます。(無記名)

●私は、なり切れないのに、完璧主義的なところがあり、人にもそれを求め、自分が追い詰められていくことが、今までの人生で多かった気がするので、何か、肩の荷がおりたような気がします。母が病気、そして内向的になっていて心配ですが、今日伺ったお話で、励ますのではなくて、その今の母にいて欲しい気持ちを素直に感謝して、伝えていこうと思いました。(K.O.さん 女性)

●ゲーム分析について、難しかったですが、テーブルでのシェアから、心理的ゲームについて理解することができました。講座参加者とのシェアからは沢山の気づきを得ることができます。沢山の気づきを得ました。ありがとうございました。(S.Y.さん 男性)

●こういうワークショップに、初めて参加したのですが、とても新鮮でした。あと、人間って、生きていく事って、関わるのって、難しいことなんだなと感じました。人間ができていないといけないと思いました。少しでも人間にはこういう性質(ゲーム)があると分かれば、過ごしやすいと思いました。でも、自分のものにするのが難しいんだろうなぁ〜とも感じました。(A.K.さん 女性)

●他の方のお話を聞くことが出来て、自分だけではないんだと・・思いました。そして、話を聞いて頂いて、共感して頂いて嬉しかったです。改めて親の大切さを感じました。自分自身を振り返る事・・本当に大切ですね・・・新しい自分の発見も出来ました。(無記名)

●自己の生い立ちを振り返る事により、その時の状況・感情を思い出すこと・・そして、考えることが改めて出来た。又、他の方の体験や思いを聞く事で、新たな考え方、見方を知ることが出来た。自分を励ます方法は、ぜひ活用していきたいし、周りの人にも活用していきたいと思う。(かおたろうさん 女性)

●ライフプランニングや振りかえり等、初めてではないワークも改めて気づくことがあったり、逆にクリアして落ち着いているなと思える事があったりもしました。ありがとうございました。(F.K.さん 女性)

●全て自分次第なのだと気づかされました。一見、自分や他人の行動にミソをつけるような表現が理論にあったとしても、その受け取り方も自分次第。同じ完全にはなり得ない人間同士、許し許され、認められるという安心で安全な環境を提供されている本城先生は素晴らしいと思います。
癒しの本質についてつかみ、それを使えるようになるには、本城先生のようなお人柄に触れ続けることが大切ですね。私はそう思います。
ぜひ、吸収させて頂き、あふれ出たもので癒せる私になりたいです。(無記名)
| 参加者のご感想 | 14:16 | - | - | pookmark |
心のリラクセーションと癒し 交流分析2
||開催日:2008年8月24日(東京)||

●今現在、自分が息子にしていることを客観的に見返す時間を持てたことと、そのしていることによって起こる、起こっていること、もたらされること、将来起こる可能性のあることをしっかり認識できたことがとても良かったです。すぐに変えられる訳ではないのですが、今日、気づいたことを少しずつでも生活に、日常に、取り入れていきたいと思いました。視点を増やして頂いて助かりました。ありがとうございます。
 また、自分の内側の状態が見えて来ると、周囲や他人との状況が見えてくるのが、面白かったです。用紙にあった同じ設問に対して、前回と今回で違ったことも、自分の中で別な所や深さがタイミング等を感じられて、やってよかったと思いました。(SKYさん 女性)

●禁止令のことを経験を交えて話してもらい良かったです。ゲシュタルト療法の良さが分かりました。親から子へ、そのまた子への連鎖を改善し、より良いコミュニケーションを学ぶ素晴らしい講座でした。(宮島 賢也さん)

●自分で本を読んだり、いくらかのセミナーなどに参加して、自分なりに勉強してきたので、どれも頭ではわかっているという状態が続いていました。ワークショップやセミナーだと参加者の顔ぶれで左右されることが多く、正直、うんざりすることが多かったのですが、今回はだいぶ腹に落ちる段階まできた感じがしました。
うさんくさくもなくて(失礼!!)かなり素直に受けることができました。(今まではかなり私自身、構えてしまうことが多かったので。)ありがとうございます。(T.M.さん 女性)

●毎日、自分自身に対して、「許可、解放する言葉、自由にする言葉」を語りかけていきます。(S.Y.さん 男性)

●ワークショップを通して、自分の脚本の基となっていた言葉が、具体的に何であったのかを明確化できました。そして、心を自由にする言葉を得ることが出来ました。ありがとうございました。(Kenさん 男性)

●普遍的な価値観の存在、大いなる流れ、存在、信じ、許し、愛する。きっと、それを感じる為に、知る為に、確認する為に、この世界はあるのかもしれないと、とても感動させられました。ありがとうございます。感謝・合掌 (野田修嗣さん)

●所要があり、途中からの参加でしたので、なじむ前に終わりの時間になってしまったような気がします。もったいなかった!禁止令(○○しちゃダメ。○○しなさい。)について、先生が、「このクラスで、こういう言い方をしたら、どうですか?」のような、具体的に例をあげながら説明された時、いつも伸び伸びとリラックスした気分で受講しているのですが、例だと分かっているのに、自分の心が萎縮するのが分かりました。言葉や表現の大切さが分かりました。どうもありがとうございました。 (みほさん)

●公開カウンセリングを傍聴させて頂いて、その人の人生に色々な問題があるけれども、こんな風にして解決して行くのかとおぼろげに分かった様な気がする。カウンセリングが終わって、清々しそうな顔をされたのを見て、ほっとしました。今後の人生、きっとうまく行くと信じます。(M.N.さん 男性)

| 参加者のご感想 | 23:58 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

みんなで決めよう「原発」国民投票

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode

RECENT TRACKBACK